ガバナーメッセージ

漆崎隆

2500 地区のロータリアンの皆様こんにちは。
皆様のロータリー活動への参加によって、地区の親睦と奉仕活動は維持されて来ました。
私は11 日間の国際協議会で多くのことを学びました。ウエブ会議を通してロータリーのビジョン声明や
手法・行動など全ての分野で本会議、分科会、クラブ・セッション、パートナーの公式プログラム、ZOOM
懇談会と充実した協議会でした。これらの事を、コロナ禍の貴重な経験を生かして、組織の維持、拡大と
一時自粛した奉仕活動へ積極的な参加に結び付けなければなりません。アクターヘのリーダーシップ養
成も貴重なテーマになります。アフターコロナは親睦と奉仕にソーシャルメディアを取り入れ「ロータリーの
素晴らしさ」を地域の活力に結び付けましょう。
これらの会議の合間にシェカール・メータ会長エレクトとの懇談会がありました。その会にはメータ会長
エレクトご夫妻とアジアの日本・韓国・台湾のガバナーエレクトが参加しました。数々の質問や話題に答える
メータ夫妻の姿勢に親しみと共感を覚えたのは日本人だけではないと思います。人間として日指すものは
国境や言語を超えた笑顔と思いやりであると感動しました。まさにロータリーのEDI (多様性、公平さ、開
放性)であります。もう一つ今回の国際協議会へ日本から6 名のローターアクターが参加しました。彼らの
ソーシャルメデイアを最大限に活用したチームワーク、奉仕の行動力にはビックリしました。ポケットベルに
驚きの進歩を感じた世代の私とは全く違うスピードで世の中の変化を感じました。他者への思いやりの共
感、個々の職業奉仕(ヴォケーショナル・サーヴィス)があって、地区の活動は始まり、そのエネルギーが自
然と親睦活動、奉仕活動へと結ばれて行きます。

地区活動方針