国際ロータリーテーマ
《 ROTARY SHARES
ロータリーは分かちあいの心 》
2007〜2008年度RI会長
  ウィルフリッド・J.ウィルキンソン

ガバナー方針
《 自然環境にロータリーを活かそう!!  》
国際ロータリー第2500地区
  ガバナー 海田 司

 

シンボルマーク 第1148回例会
(平成20年4月22日 於ワシントンホテル)

●会長挨拶 大塚会長

大塚会長

 桜前線は、9日も早く北海道に上陸し、帯広も4日連続20度を超えております。この後、例会は2週連続お休みとなりますが、桜は花見ではなく葉桜の話題になりそうです。
 先週は、北クラブ、音更クラブ、東クラブの3クラブ合同例会に多数の皆さんの出席を頂きありがとうございました。また、長谷川パストガバナーには基調講演をして頂き大変ありがとうございました。話の中で鈴蘭公園の桜植樹の話は、多くのロータリアンの皆さんが過ぎ去った時間の長さを改めて感じられており、改めて感謝する次第です。これに関連し、5月25日には3RC合同企画で十勝エコロジーパーク内に「十勝環境育成プロジェクト」の一環として植樹を計画しております。クラブ例会の形式はとりませんが、今年度地区ガバナーテーマである「自然環境にロータリーを活かそう」の趣旨にも当てはまり多くの会員の参加を期待するところであります。
 また、植樹終了後に東クラブP・G同好会の例会も計画されています。是非とも参加を検討いただきたいと思います。

ロータリーとポリオ撲滅活動について
-- ガバナー月信4月号より --
国際ロータリー第2500地区ガバナーエレクト 足立 功一

【はじめに】
 2008年1月、米国カリフォルニア州サンディエゴ市で開催されたロータリー国際協議会においてポリオ撲滅に関して新たな指針が発表されました。
 それは、今後3年間で1億米ドルを集めるというロータリーの<ポリオ・プラスの拠金チャレンジ>であります。ロバートSスコット財団管理委員長は全世界のガバナーエレクトに向け、今後3年間で1億米ドルを集めるポリオ・プラスの拠金チャレンジについて説明しました。
 スコット財団管理委員長は「ロータリーは、ポリオを撲滅すると世界の子供達に約束しました。この約束を忘れてはなりません。ロータリーは、ポリオ・プラスのための募金を最優先にしなければならない。今回の拠金目標は、ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団が昨年11月に献金した1億ドルと同額をロータリーが組み合わせることが条件とされており、今後3年間ポリオ・プラスに寄せられる寄付金は、すべてこの1億ドルの同額組み合わせ金に算入する」と述べております。また2007年規定審議会でもポリオ撲滅を最優先事項にするという事が大多数の賛成を持って決定された事も紹介されています。3ヵ年の期間は2007年12月1日〜2010年12月31日までの期間で送られてきた寄付金は、すべてチャレンジ・グラントに入る事になります。皆さんにまた募金をお願いする事は、非情に心の痛むことです。一般の人たちに寄付を求める事と、これから3年間、各クラブが毎年1,000ドルを誓約していただきたい。クラブによっては困難かもしれませんが、それ以上多く出せるクラブがあることを信じています。ほか、前回のキャンペーン以降の入会会員にも協力を求めたいと言われ、会議を終了しました。

【ロータリーとポリオ】
1979年 ロータリーのポリオ撲滅公約が出される。
1985年 ポリオ撲滅活動始まる。
      88年までに米貨2億4,700万ドル募金キャンペーン開始。
1988年 WHO、2000年までに地球上からポリオを根絶する構想を採択。
      患者数35万人。
2000年 患者数3,500人以下。
2002年 2005年完遂宣言に向け財源不足に陥る為、再募金を実施。
〜03年 ロータリー財団1億1,900万ドルを再募金。
2006年 患者数992人。
2008年 7月1日〜2010年12月31日の期間で、
      ゲイツ財団1億ドルと同額募金開始。
 以上が、ポリオ撲滅の主な経過です。

【2500地区としての対応】
 2500地区クラブ数は、68クラブです。単純にRIが求めるような数字を当てはめれば、年間68,000ドルを3ヵ年となります。山本DGN年度、柴田DGN予定者年度までの事業として捉えなければなりません。
 足立ガバナー・エレクトは、地区ロータリアンの皆さんに次の5項目を通じこの事業を理解して頂きたいと書いてあります。
1.ポリオとはどのような病気なのか、正確な知識を知っていただきたい。
2.2500地区として徴収方法どうするのか。
3.地区として補助できる資金があるのか検討する。
4. 地区の活動としてどのような位置付けをするのか。
5.実際に、ロータリー財団として、どのくらの金額が必要なのか。
因みに
1.分区ごとにポリオ委員(医療関係者)を1名選任し、ガバナー補佐に同行しポリオ撲滅の啓蒙活動(講演)をする。
2.2500地区の徴収方法ですが、会員数を2,500人と想定し、68,000ドル÷2,500人=27.2ドル、均等に1人あたり27.2ドルの徴収か或いは1クラブ1,000ドル徴収し不足分は地区資金DDFを使う方法、4番の項目と関連させ始めの1年で3ヵ年分を集めてしまう方法など大切な問題ばかりです。また、日本34地区全体で考えた場合など、集める金額はどのくらいなのか?これは、1クラブ1,000ドル×クラブ数=地区の集める金額。これに×34地区=日本全地区の募集金額と言うわけにはなりません。それは、ロータリー財団には、ポリオ・プラスの残金があるからです。財団の資金として、@2006−07年度ポリオ・プラス残金=3,730万ドルAインド人よりの寄付=200万ドルBグーグルよりの寄付=350万ドルC合計=4,280万ドルの資金を持っております。今回、新たに必要とする資金は1億ドル−4,280万ドル=5,720万ドルとなります。この金額を世界中のロータリアンの120万人で負担すると、5,720万ドル÷120万人=48ドル/1人÷3年=16ドルとなります。これは単純計算で、国、地区、クラブにより事情が異なる事から、日本事務局と相談のうえ、地区ごとの金額が設定できれば改めて訂正し発表しますと結んでいます。
 ポリオ、最後の1%を撲滅する為の事業とはいえ、いろんな意見が出るとおもいます。事前の情報をもつことで東ロータリーの会員の皆さんが正しい判断をしてくださる事と思っています。

●ニコニコ献金 宮前出席親睦副委員長

・大塚会長 
4月15日先週3RC合同例会に多数の出席ありがとうございます。また、長谷川パストガバナーには基調講演いただきましてありがとうございます。4月22日来週・来々週と2週祝日のためお休みとなります。この間に桜の花は散ってしまいそうです。
・森エレクト 
19、20日と釧路で行われた地区協議会に次年度理事、役員の方々の多数出席を頂き研修を受けて参りました。ありがとうございました。次年度宜しく御願い致します。
・西田次期幹事 
地区協議会に出席いただきました。皆様お疲れさまでした。ありがとうございました。感謝!
・野村副会長 
老人クラブの町内会で若手ということで町内会長に選ばれました。ちなみに町内最高齢は106歳です。
・久保会員 
地区協議会の酒がまだ残っています。
・石川会員 
本日の例会、ロータリー情報委員会担当です。
・井上(哲)会員 
妻の誕生日に記念品を頂き有難うございました。

●プログラム 石川ロータリー情報委員会委員長
「テーブルトーキング」

テーブルトーキング

●出席報告 出席親睦委員会 川村会員

会員数55  計算の会員数49  4/22現在
回数 日付 ホームクラブ メークアップ 出席率
第1145回 4/1 31名 4名 71.4
第1146回 4/8 33名 3名 73.5
第1147回 4/15 38名    
第1148回 4/22 26名    
ページトップへ

 

シンボルマーク 第1147回例会
(平成20年4月15日 於ホテル日航ノースランド)

第6回 帯広北RC・帯広東RC・音更RC合同例会

 帯広北ロータリークラブ 第2435回例会
 帯広東ロータリークラブ 第1147回例会
 音更ロータリークラブ   第689回例会

●起立・友情の握手 帯広東RC 馬渕SAA

●点鐘 帯広東RC 大塚会長

●開会宣言 帯広東RC 馬渕SAA

●会長挨拶 大塚会長

・3クラブ合同例会は平成14年5月10日発足以来7年目を迎えます。
・昨年は20周年を迎えた十勝ロータリー奨学会を3クラブ共通の奉仕活動として取り組みました。
・また北RC、音更RCがエコロジーパークで植樹活動を実施。地区ガバナーのテーマである「環境にロータリーを生かそう」を先取りした取り組みであり本年は東RCも参加したい。
・本日は3クラブ共通の認識を持てる場としたい。

大塚会長

●プログラム

 ≪基調講演≫ パストガバナー 長谷川 晃三 様
 【88年の人生観と46年のロータリー観】

・お世話になった皆様に罪滅ぼしのためにこの場に立たせていただきました。
・RCは国際的な組織です。海外でのメークアップは楽しいし勉強になります。
是非皆様も経験されたら如何でしょう。
・音更の公園およびそこに至るまでの道沿いの花々は北RCの皆様の力で整備されたものです。
・市民会館、飛行場、動物園、帯広駅等々施設が出来るたびにRCが活躍した時代であった。
これからもロータリアンとして出来る範囲で職業奉仕をして良い街づくりをしていただきたい。

パストガバナー 長谷川晃三様

●懇親会 乾杯 北RC会長 前田 修一 様

懇親会

ページトップへ

 

シンボルマーク 第1146回例会
(平成20年4月8日 於ワシントンホテル)

●ニコニコ献金

・大塚会長 
今日から新学期、娘も士幌新田小学校で複式学級1、2年の担任として働き始めました。
・上野副会長 
しばらくニコニコする事がありませんでしたのでニコニコします。
・梶川会員 
本日の例会担当します。宜しくお願いします。
・西田会員 
本日北高入学式、今年の新入生は「はき」がなく我母校の担い手、大丈夫かなあ……
・関根会員 
長男が4月1日さっぽろ厚別通整形外科を開業し無事開業祝賀も終了する事が出来ました。
・斉藤会員 
妻の誕生日に記念品を頂き有難うございました。
・関口会員 
妻の誕生日に記念品を頂き有難うございました。

●プログラム 梶川メディアプログラム委員長

「海のアルプス」ロフォーテン諸島と
キルナ・トロムソ〜オーロラ観賞の旅

平成20年3月4日〜13日 於ノルウェー〜スウェーデン
福岡正雄会員(思い出のアルバムより抜粋)

福岡正雄会員

オーロラ鑑賞の旅

行程表
行程表
行程表

北極圏の大自然にあこがれ…雄大なオーロラを一度この眼で、確かめたいと思っていた。折しも世界紀行の川崎君から誘いが来たので、早速乗ることにしました。来年米寿となる私は、悪友達が冷やかし半分で、今度何処へ行くかと尋ねます。最近耳が遠く少し物忘れをするが、身体は極めて壮健、意欲もまだあります。残された人生に悔いを残さぬように、重いカメラを背負って参加する事に致しました。

地球の大きさが見えた…12時30分成田を発って、東北・北海道の上空を飛び、下に見える大きな湖は、多分バイカル湖ではないか。まだ堅く凍り付いている白銀の世界だが、遠くに見える白い山岳と、原形そのままの自然の川の流れが見えた。河川の改修に携わった者として、感動し興奮を覚えました。ウラル山脈を越えて北極海を見下ろすと、一面氷の世界が少し氷に割れ目ができて、海水が見え春の兆しを感じました。所要時間11時間35分。8時間の時差があり、日本時間だと夜中の10時半なのに、まだ日が暮れず明るい内にコペンハーゲンに着いた。地球は大きなものと思っていたが、以外に狭く。航空技術の進歩によって実感出来た事は驚異に値するが、このまま進んで行ったら、地球を壊してしまわないか、いらない心配をしてみた。

オーロラ鑑賞の旅

オーロラ鑑賞の旅

●出席報告 出席親睦委員会 川村会員

会員数55  計算の会員数49  4/8現在
回数 日付 ホームクラブ メークアップ 出席率
第1143回 3/18 31名 9名 81.6
第1144回 3/25 29名 8名 75.5
第1145回 4/1 31名    
第1146回 4/8 33名    
ページトップへ

 

シンボルマーク 第1145回例会
(平成20年4月1日 於ワシントンホテル)

●ゲスト紹介

 帯広畜産大学大学院教授
 地域共同研究センターセンター長 関川三男様

●会長挨拶 大塚会長

 4月、新しい年度、新入社員等を迎え入れ、また、新たな一年が始まりました。同じく、森年度も今月中の地区協議会、第1回クラブ協議会等で本格的に新年度に向けた体制づくりに進まれているようです。私的には残り3ヶ月、4分の1となり肩の荷が少しずつ軽くなってきましたが、最後まで気を緩めず年度を勤め上げたいと思っています。
 米山記念奨学会より長谷川PGに「米山メジャードナー」としてのルビー入りのピンバッチが送られてきましたので襟に付けさせて頂きます。
 ガバナー補佐の、第4回公式訪問案内が来ております。日時は5月20日となっています。最後の公式訪問となりますので出席をお願い致します。
 ガバナー事務局より、ロサンゼルス国際大会参加お礼と追加申し込みの案内が来ております。希望される方は4月7日までにガバナー事務局に連絡ください。
 4月1日よりロータリーレートが98円となります。
 2007年手続き要覧が皆さんのキャビネットに入っておりますのでご覧下さい。
 次々週、北ロータリー、音更ロータリー、東ロータリーの3クラブ合同例会です。長谷川PGの88年の人生観と46年のロータリー観を語ってもらいます。
  多くのロータリアンにとって奉仕を学ぶ参考となる事と思います。皆さんの出席をお願い致します。

大塚会長

例会の様子

●ニコニコ献金

・大塚会長 
3月29・30日スキークラブの納会で十勝岳の吹上温泉から白金温泉へツアーを楽しみました。晴れていたので真黒に日焼けしました。
・日置会員 
本日の講師に畜大の関川先生にお願いしました。宜しくお願いします。
・久保会員 
本日の例会担当です。関川先生宜しくお願いします。
・鎌田(利)会員 
3月26日帯広市交通問題市民委員会、委員の委嘱を受けました。上記委員会会長再任されました。
3月26日帯広地区保護司会、新しく曽根一会長が就任されました。同時に副会長再任されました。
・鎌田(勉)会員 
今年も一年間妻とは仲良くしようと思っています。

●プログラム 会員委員会 日置清司副委員長

帯広畜産大学大学院教授
地域共同研究センターセンター長 関川三男様

「もっとエコな十勝づくり」応援隊への誘い
―環境と経済のバランスを考える―

地域共同研究センターセンター長 関川三男様

●環境保全経済発展両立
 ○より良い生活の実現
  資源の効率的活用が生活の質を高める
  効率的エネルギー活用(エコカー)
 ○収益向上
  資源節約は浪費よりも安い
  汚染の除去よりしない方が安い
 ○国際的安全保障
  資源獲得闘争(紛争)の沈静化
 ○浪費・汚染の低減化
  環境対策に付随する出資を抑制する

●出席報告 出席親睦委員会 川村会員

会員数55  計算の会員数49  4/1現在
回数 日付 ホームクラブ メークアップ 出席率
第1143回 3/18 31名 9名 81.6
第1144回 3/25 29名    
第1145回 4/1 31名    

 

ページトップへ

 

もどる ページトップへ